円形ステッカーについて

丸いエンブレム形のロゴをステッカーにする時に選ばれる円形ステッカーですが、
円形ステッカーを作成する場合には注意をしないといけない事があります。

それは「裁断ズレ」です。

ステッカーの場合の製作工程としては、大きなステッカー用紙に柄を枚数分印刷し
印刷が乾いてからラミネートを行い、機械でカットしていきます。

人間が一枚ずつ柄を見てカットしていくのではなく、
機械がカットしていくので物によってはどうしても数ミリのズレが生じてしまうものが出てきます。
これが裁断ズレと呼ばれるものです。

この裁断ズレを目立たなくする様にするのが「塗り足し」となるので
カットが必要な印刷物の裁断線の内側約5mm程度には切れてはいけないデザインを入れないのがルールになっています。

四角形ステッカーでは然程目立たないこの「裁断ズレ」ですが、
円形ステッカーの場合、デザインによっては致命傷になりうる事もあるのです。

理想のままでの製作をご希望でしたら、そのまま進行する事も出来ますが
上記をご理解の上、ノークレームでの対応となります事をご了承ください。

人間が切ればズレは生じませんが、製作費が数十倍の価格となってしまいます。

当サイトでのステッカー製作は、1枚の製作費が
高額なスーパー滅茶苦茶ハイクオリティステッカーの製作が目的ではなく
バンドさんのバンド名を広める事を目的とした費用を気にせずどんどん配布できる
ハイクオリティステッカーの製作となります。

デザインの注意点さえ守れば十分に販売にも対応するプロ仕様のステッカーとなりますので
是非上記をご理解の上、円形デザインの際はデザインにご配慮ください。

この場合はどおかな?という質問もいつでも受け付けていますので
お気軽にお問い合わせください。

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ